DSC_0187.JPG
DSC_0337.JPG
DSC_0255.JPG

利用規約

 

​【基本事項】

  • ご利用時間は、搬入開始から完全撤収までのお時間となります。

  • ご利用料金の精算は、原則当日現金払いとなります。

  • ロケハン時、撮影時に関わらずご予約時間に変動が出る場合は必ず事前にスタッフまでご連絡下さい。万が一、連絡がない場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。

  • ご予約時間より前に到着された場合でも、原則スタジオには入れませんのご注意下さい。万が一、入られた場合は、その時点から使用料金の起算となります。

  • 原状復帰は、徹底して頂けますようお願い致します。

  • 備品等のお貸出しは可能ですが、事前に当スタジオ担当者に一言お伝え頂けますようお願いします。なお、使用後は必ず元あった場所にお戻し下さい。

  • 喫煙は決められた場所でのみお願い致します。

  • 24時間利用可能ですが、音出しのある撮影に関しては、8:00~21:00までの間とさせて頂きます。

  • 重機等の稼働が必要で所有者様側の人員が必要な場合、使用料金とは別途費用が発生します。

  • 撮影時に出たゴミは全てお持ち帰り下さい。

  • 規模や内容によっては、事前(3日前まで)に近隣へのご挨拶回りをお願い致します。

  • 延長される場合は、1時間単位での料金加算となります。

  • 当該スタジオ内トイレ使用は、原則ご着席頂きご使用頂けますようお願い致します。なお、著しく使用状態が不良の場合、別途清掃費が発生する場合がございます。

【キャンセル料金】

  • 当日・前日:100%

  • 2日前:80%

  • 3日前:60%

  • 4日前:40%

  • 5日前:30%

【禁止事項】

  • 下記に該当するスタジオの利用は、お断り致します。
    ・公序良俗に反するものならびに法律に違反する行為
    ・不衛生なもの、劇薬、危険物を取り扱う行為
    ・規定を逸した騒音レベルを伴う行為
    ・事前にご申告頂いた内容とは全く違う撮影を行う行為
    ・スタジオのイメージを著しく損なう内容の撮影および行為
    ・その他当スタジオが不適当と判断するもの及び行為

   ・原状復帰の難しいもしくは、原状復帰不可能と判断された内容

   ・上記お約束を遵守頂けない方の次回以降のお問合せは、一切お受け出来ませんので、予めご承知置き下さい。

   

【注意事項】

  • ​ご利用者様によるスタジオ、機材、備品の汚れや破損、紛失等に関しては実費請求致しますので、予めご注意下さい。

  • 当社または所有者様等の都合により、事前の通知なく変更(追加・削除・終了・停止・仕様変更)する場合がありますので、予めご了承下さい。

  • 近隣に迷惑になる行為と当社もしくは所有者様側で判断した場合、撮影中であっても中止させて頂くことがございます。その場合でも予約時間分の料金をお支払い頂いた上でご退去頂きますのでご注意下さい。なお、その際に係る損害等の賠償は当社及び所有者様は、一切負い兼ねます。

  • 近隣からクレームが出た場合においても、撮影中であっても中断・中止させて頂く場合がございます。その場合も予約時間分の料金をお支払い頂いた上で、ご退去頂きますのでご注意下さい。なお、係る損害等の賠償は上記同様、一切負い兼ねます。

  • 撮影中の怪我や事故に関しては、当社および所有者は、一切の責任を負い兼ねます。

  • 原則、ご予約時間よりも早く終了した場合でも、ご予約時におさえられたお時間分でのご利用料金となります。

  • 当該スタジオ内での紛失、盗難等には一切の責任を負い兼ねます。貴重品管理は自己管理責任でお願い致します。

  • ご予約のお申込み時点で、ご利用規約をご了承頂いたものと致しますので、予めご承知置き下さい。

【免責事項】

  • 本ウェブサイト上に掲載されているあらゆる情報の内容について、当該スタジオは、その正確性または、完全性等について保証を行うものではありません。万一、これらの情報に誤りがあったとしても、弊社は、一切責任を負いかねます。 また、これらの情報をお客様がご利用になった結果、お客様に損害が生じたとしても、弊社は一切責任を負いかねます。本ウェブサイトの情報は、予告なしに変更・更新されることがあります。 また弊社はこれらの情報を何時でも予告なしに改良または変更することができるものとします。

【サイト利用規約】

  • このWebサイトに提供している画像、写真、文章などの著作権は、Studio Honjo Slum.に帰属します。これらの著作権物の一部、または全てをStudio Honjo Slum.に断りなく複製などを行うことは著作権法により禁止されています。

令和2年7月1日制定​